言語

663現在のオンライン
111今日の読書
11今日のシェア
多言語ディスプレイ

何を食べて放射線を防ぎますか?食べたことがあるでしょう

2018-04-23 12:48:09

電磁波が世界で4番目の汚染とされてから、ますます多くの人が電磁波に関心を持つようになった。何かの方法で放射線の被害を軽減、あるいは回避できればそれに越したことはありません。食べることもその一つです。食べることで放射線を防ぐことはできませんが、放射線による身体への被害を軽減することができます。

方法/手順です
1

オレンジといえば、オレンジ自体では放射線を防ぐことはできませんが、オレンジには抗酸化ビタミンC、ビタミンE、ビタミンCが含まれていて、抗酸化活性を持っています。また、美容・疲労回復効果も期待できます。

2

いちごいちごも放射能を防ぐんですか?そうです。イチゴには、リンゴや果物の10倍ものビタミンCが含まれています。加えて、ビタミンEやポリフェノール系の抗酸化物質もたくさん含まれています。これらの栄養素は、紫外線による肌へのダメージを和らげ、肌に脂質の酸化を起こし、乾燥やアカなどの症状を起こします。ですから、パソコンなどの放射線にさらされている人は、イチゴをたくさん食べてみてはいかがでしょうか。

3

ゴーヤゴーヤは多くの効果があって、血糖を下げることがあって、抗腫瘍、抗ウイルス、抗菌、免疫力などの作用を促進して、また熱中症を予防するために使うことができて、赤痢、悪い瘡、赤目の痛みなどの作用があって、だからゴーヤはもともと「薬の中の野菜」の美誉があります。ゴーヤのにおいは苦くて、無毒で、性の寒さ、心、肝臓、脾臓、肺経に入って、清熱去暑、明目解毒、降圧降糖、利尿涼血、解労清心、益気壮陽の効果があります。しかし多く食べると脾胃を傷つけやすいことを知って、だから脾胃の虚弱な人は更に少なくゴーヤを食べます。ゴーヤとレバーのこの1種の薬膳、抗貧血抗放射線の養生効果を持って、いつもパソコンに直面する人はちょっと試してみることができます。

4

唐辛子などの辛い食べ物はよく使われる調味料ですが、自然食品でもあります。唐辛子を食べると全身の免疫が働き、唐辛子、黒胡椒、カレー、生姜などの香辛料が細胞のDNAを放射線から守ってくれます。そのため、辛いものをよく食べるのが健康的です。

5

それ以外にも、妊娠中のお母さんは自分と赤ちゃんを守るために放射線防護服を使うことができます。被曝眼鏡、被曝服、被曝カバーなどです。これらはいずれも日常生活でよく使う製品ですが、放射線防護服は比較的効果が高く、良い選択の一つです。

推奨情報