言語

743現在のオンライン
111今日の読書
11今日のシェア
多言語ディスプレイ

証明書は何がありますテコンドー黒帯何をすることができます

2018-04-17 20:48:58

黒帯は上級入段者か専門家しか結ぶことができません。黒帯を取れば選手資格が得られ、テコンドーや国際大会に出場したり、コーチとしてテコンドーを指導することもできます。黒帯四段には道場開設、館長や総監督、国際コーチ、国際審判申請の資格があります。黒帯四段は「師範」、五段以上はテコンドーの「大師」と呼ばれます。通常、テコンドーの修習者は黒帯の資格を得るまでは初心者と呼ばれます。初心者は2ヶ月に1回行われる試験を受けることができます。試験に合格すれば1級升進できます。一般的には、白帯から黒帯を取得するまでは1年から1年半でいいと言われています。黒帯に合格した後は、一段から二段までは一年、二段から三段までは二年、三段から四段までは三年というように経過します。ただし、通常は六段までで、七段以上は極めて優れた人、優れた人に与えられます。試験は60点を取れば合格となり、この基準で10点を超えるか下回るかによって、1段階上がったり下がったりすることができます」テコンドーの知識や品勢、力や技、実技などが評価されました。以下の表は各段級試験の基本内容です。十、九級(白帯)の基本知識と基本技(前蹴り、回し蹴りなど)、太極一章など八(黄帯)七(高黄)、太極二章、太極三章など六(青帯)五(高青)難しい基本技(後ろ回し蹴り、飛び蹴りなど)と働作(板破りなど)、太極四章です。太極五章、条件の実戦など四、三、二、一級難しい技術と働作(例えば障害を飛び越えて板を破るなど)、太極六、七、八章、実戦技能(一級ですか?quotです;1対2」)などの黒帯以上の試験項目は以上の各種を含みますが、難度が大きくなります。品勢試験は1段から6段まで、高麗、金剛、、和十進あるいは地テコ、天拳、漢水、一如となります。テコンドー進級試験の内容は、白帯升黄帯太極一章、馬歩正拳、前蹴り、下割、上端防御、下端防御、内端防御、外端防御です。黄帯升高級黄帯太極二章、横蹴り、押し蹴り、滑歩(進と退)横蹴り、滑歩下チョップ、弓歩正拳、馬歩正拳、ターン横蹴りです。高級黄帯升藍帯太極三章、前脚横蹴、上歩横蹴、上歩下蹴、下蹴、後脚側蹴、三七歩手刀プラス正拳です。藍帯升高級藍帯太極四章、側蹴り(滑歩側蹴り、後脚側蹴り、足踏み側蹴り)、後蹴り、反撃横蹴り、貫手、両手刀、実戦、下斬破板です。青帯升準赤帯太極五章、反撃後蹴り、双飛蹴り、前脚横蹴り反撃、前脚下チョップ反撃、正拳反撃、側蹴り破板です。準紅帯升一級紅帯太極六章、勾蹴(後脚勾蹴、滑歩勾蹴)、旋風蹴、上歩後蹴、実戦、後蹴破板です。紅帯一級升二級紅帯太極七章、上歩後旋蹴り、後旋蹴り破板、実戦です。二級紅帯升一級紅帯太極八章、全面強化、すべての足法のボレーキック訓練です。一級紅帯升初段太極一章から太極八章までの任意の抜査一、高麗、正拳破板、後蹴破板、実戦第一試合対同級、実戦第二試合対初段、側蹴破板の3枚です。参考資料:百科事典-黒帯(テコンドー等級)百科事典-黒帯試験です

推奨情報