言語

1592現在のオンライン
2今日の読書
41今日のシェア
多言語ディスプレイ

タイルが割れる原因は2つあります

2018-04-28 22:24:51

関さんは最近、家の内装工事が終わったばかりで、嬉しいはずなのに、困ったことがあると言います。もともと関さんは内装工事をする前に、内装に不良のタイルを提供することを避けるために、自分で建材市場まで選んで購入しました。関さんはタイルの知識、性能を知らないので、選んで購入する時、感覚、感触だけで判断することができます。ひっくり返って水がすべてれんがの中に染み込んでいるのを見て、関さんは堪えられないほど悩んで、彼はこの現象がどんな原因で起こるのか分からなくて、訴えたいです!以上の現象が現れて、石のタイルの小編の初歩的な分析は2種類の原因のためにもたらします:粗悪タイルは関さんがタイルの選び方を知らないので、粗悪タイルか偽物のタイルを買った可能性が高いです。このようなタイルは表面は正規のタイルと変わりませんが、品質は極めて粗悪です。焼成の過程で、制御の時間が足りなくなり、密度が低くなり、分子間の間隔が広くなります。だから、消費者はタイルを選ぶ時、吸水率の高いタイルを避けるために、最も簡単な方法を選んでテストすることができます:最初の水はタイルの里で、仔系は水滴の浸入程度を観察して、水滴がタイルに浸入する速度が遅くなればなるほど、その密度が高く、品質が良く、逆に、水がタイルに浸入する速度が速くなれば、品質が分からないことを証明します。タイルの敷き詰めの過程で、施工工程の不手際もタイルにひびが入る原因の一つです。正しい手順によって、多くの不必要な後続の問題を避けることができます:レンガを貼る前に末端を掃除する必要があります。例えば、壁面に石灰膏、エマルガム、壁紙などの装飾物があったり、地面に汚物があったりします。また、壁自体に亀裂がある場合は、後にタイルを貼り付けることができるように適切に処理する必要がありますが、亀裂を避けるために、壁のタイルの亀裂や脱落の大きな基本的な構造;また、水平度や垂直度の差が大きすぎる地面や壁面については、セメントモルタルを用いて平準化処理を行います。また、含水率が高いことも考慮して貼る必要があります。タイルを貼る前の部分は水で十分に湿らせ、タイルも最低20分は水に浸してから使用します。そうでなければ、モルタルの水分は乾燥した基層とタイルが急速に収獲のために急速に凝結されて、その粘結堅牢度に影響します。ブロックもセメントから水分を吸収するため、セメントが接着剤の役割を果たせなくなります。ここで、小編は、装飾タイルを購入する前に、多くの準備作業を行う必要があります多くのタイルの具体的な情報や選択の方法を知って、もちろん、安さを求めてはいけません、合法的で、品質が保証されたブランドを選択して、あなたの心配のない完璧な家庭を作ることができます。

推奨情報