言語

1946現在のオンライン
165今日の読書
18今日のシェア
多言語ディスプレイ

三日遊びの攻略です(一)

2018-03-17 00:00:00

暑い夏に感じる美しさです。

方法/手順です
1

当日は昼頃に着きましたが、暑すぎて午後五時頃に行きました。人が多いので遊覧船に乗ります。運賃は50元、遊覧時間は約50分です。私たちは白居易の白堤を記念して、冬の上の雪が落ちるための断橋残雪、皇帝が錦の帯をなくしたという伝説のための錦帯橋、雪を見ることができる湖心亭、お月見の平湖秋月、雷峰塔と蘇が建てた蘇堤を通ります。もちろん、最も有名なのは1元の人民元の上に印刷する三潭印月です。月の光が三淵を通過することと、自分が水面上に現れる10個の月が加わり、一度に見られる月の数が最も多い場所です。辺に多くのぜいたく品があって、まだ1つの唐代の李泌の引水する6つの井戸の記念の標識があります。

2

次の日私達はタクシーで霊隠の飛来峰景勝地に着きました。切符売り場の周りにはいろいろな店とレストランがあります。景勝地に位置していますが、レストランの価格は少しも高くありません。一杯の麺は大体15元ぐらいで、品質は安くて、観光した後にここに出てきて休憩して食事をします。チケット販売エリアで購入したチケットは45元ですが、飛来峰観光エリアと寺のチケットだけが含まれています。霊隠寺のチケットは観光エリア内で別途購入しなければなりません。霊隠寺のチケットは30元で、三本の香を含みます。ご注意:入場券に含まれている3本の線香しか焚けません。持参した線香はお寺に預けられます。

3

霊隠飛来峰景区の景色は美しくて、古跡は多くあります。東晋時代に天竺僧の慧理がやってきて、この山の峰が天竺霊鷲山の小さな峠に似ていると思い、「飛んできたのか?」と聞き返しました。「飛来峰」と名付けられました。また、慧理という高僧は、仏が生きていると仙霊に隠れてしまうと考え、飛来峰の前に「霊隠」というお寺を作ろうとしました。エリア内の最初のスポットは、慧理を記念する「理公の塔」です。ピークを飛んで最も感心させるのはそれの数百の石の彫像で、「玉の乳の洞窟」の中ですでに泉の水に腐食した仏像があって、禅宗の6祖を含みます;青林洞の中の済公床があって、盧舎那仏会石刻造像、そばはぼんやりと見分けることができる文字です;崖のふちに高僧が経をとった話を語る組彫もあり、一つ目はインドの高僧、白馬駄経の話、二つ目は内地で最初に経をとりに行った朱士行の話、三つ目はおっとりした唐の玄奘の話で構成されています。さらに、冷泉渓(れいぜいけい)を通ります。渓沿いの崖には、「腹は天下の難事を容れ、口を開けば世間のおかしい人を笑う」といわれる布袋弥勒仏や、威厳のある多宝天王など、37体72体の仏像が並んでいます。この崖のある山が飛来峰で、興味のある方は飛来峰の頂上まで登ることもできますが、筆者はあまりお勧めできません。景色があるわけではありません。ただ、頂上とは思えない、何も見えないところに大きな石があり、そこには「飛来峰頂上」と大きく書いてあり、頂上には飲み物やおみやげを売る屋台があります。飛来峰まで登るのは純粋な鍛錬(というか体力の浪費)ですが、岳飛を記念した翠微亭があるので、そこで休むことができます。麓から頂上まで登って下りてくるのに約1時間かかります。

4

東晋の古刹で、日本で「篆刻の父」とされる心越禅師の出自とされる1600年の歴史を持つ禅寺です。禅寺の一番高いところは大雄宝殿で、釈迦如来の威厳の力に感嘆することからその名がついています。これは寺院群の中で最も主要な建物で、重要な宗教儀式を行うのに使われます。大雄宝殿の向かいには福星閣があります。大雄宝殿からの眺望も良く、「湖山一望」のテラスとも呼ばれています。

5

霊隠寺は景勝地の中で最も重要で、また歴史の最も悠久な寺院の建築群で、「東南仏国」の名誉があって、別に入場券を購入しなければなりません。慧理という高僧は飛来峰の前に来て、仏が生きていると仙霊に隠されると考え、飛来峰の前でお寺に会おうとしました。霊隠寺の最も重要な古跡はそれぞれ2つの経棟と2つの石塔です。入り口にある八角形の石棟は、かつて宝珠絹帛で飾られた柱柱を模したもので、房の揺れで魔衆を制します。唐の初めから現れ始めた石棟には仏経が刻まれていて、寺院の本堂の前に安置されて仏法を宣伝します。石塔は大雄宝殿の前にあり、もとは舎利を安置する塚でしたが、中国に伝わってから次第に宗教的な高層建築物に変化していきました。江蘇、浙江地区の石塔は五代から宋の時期の建造品質が最高で、そのため石塔も北宋の時期に建てられた霊隠寺の最も価値のある文物の一つです。

6

大雄宝殿内の釈迦牟尼像は24枚のクスノキの木でできていて、わが国最大の室内クスノキの木彫坐像です。殿内のもう一つの壮観な芸術品は島観音立体群塑で、巨大な平面の上でたくさんの生き生きとしたイメージの人物を彫刻して、その中は善財童子五十三参図を含みます。ちょうど2016年の霊隠寺共修華厳法会で、薬師殿でお坊さんがお経を読んでいるのを見る機会がありました。お坊さんだけではなく、年配のおばあちゃんもたくさんいて、熱心にお経を読んでいました。薬師殿には薬師仏が安置されており、その左右には清涼の象徴である日光、月光菩薩が安置されています。薬師殿の後ろにあるのが直指堂(蔵経閣)です。直指堂と華厳殿の間の山道で日本に渡った空海の像を見ることができます。華厳殿には、華厳三聖、すなわち大日如来と、それぞれ知恵と理徳を象徴する文殊、普賢の二菩薩が祀られています。三位の仏身はいずれもミャンマーから輸入された楠の木で彫刻され、装飾にはクスノキが使われています。このほか、済公は霊隠寺で出家したため、霊隠寺には嬉笑怒声の済公活仏を祀った済公殿があります。中は済公の一生を語る小さな博物館ですが、紹介の多くは仏教や水墨画と結びついていて、魔術的な色彩がいっぱいで、済公が道を得る前に八魔魔火の修練を受けると言います。面白いのは、「降竜羅漢」という渾名の由来です。生まれた時に地元のお寺、羅漢堂にあった降竜羅漢像が突然倒れてしまったことから、済公は降竜羅漢の生まれ変わりとされています。伽藍殿には伽藍菩薩が、天王殿には四天王が祀られており、天王殿の韋陀菩薩は南宋の遺物です。

7

焼香の場所は大雄殿の前で、私達はストーブの中の焼香を借りて仏を拝み、祈ることができます。霊隠寺の外にはもう1本の300年余りの歴史の楷の木があります。まさに「孔子の塚には楷があり、周公の塚には模がある。故に後に世人は模範と思った」と言います。「模範」の2字はこの2種類の樹木に由来します。食事をした後、私たちはショッピングに行って天国の傘と扇子を買って、同時に霊隠寺の記念品を無料で受け取りました(チケット売り場の近くにヒントがあって、霊隠寺のチケットを持って規定の時間内に受け取ります、受け取り場所は2階の1つの文化)——霊隠寺の住職開光のお札、家に置くことができます。暑いので、午後はお酒を飲みました。霊隠飛来峰の見学時間は約3時間ですが、すべての観光地(山の上の1つのお寺も含めて)を回るのであれば、体力配分と時間に気をつけましょう。

推奨情報