言語

1254現在のオンライン
148今日の読書
12今日のシェア
多言語ディスプレイ

釣りのコツとしてよく知られている草魚の巣打ちは次の4つです

2018-02-18 17:36:00

浮草の巣はよく人が釣りをしている中央で、魚が精になって、竿影人声も魚を遠遁させます。このような場合は、「浮草引魚」という釣法が得策です。みずみずしい草を引っ張って順風のある水辺にまき、水面を順風に沿って漂流させるのです。竿で浮きを一尺ぐらいにして、浅く釣って、ルアーを浮き草に投げて、リールを開いて、ルアーを浮き草に流させます。人は静かに観漂を守って、魚が草を食べる時水面鄭起の渦巻きを見ることができて、水中の草の葉は引きずられていたり見え隠れしたりして、長い茎は引きずられていたりゆがんだりして、魚は水中でアーチ浮草が揺れています。魚は人の影に敏感で、近くにいればいるほど表面に浮こうとはしませんが、水面に漂う潜流や草の動きで下にいることがわかります。浮き草釣りで、おとりは若草の茎や葉でokです。フックに掛けた草の餌はとても短くて、すぐ弁当を口にするので、魚はよく先にフックの餌を食べます。より口に合う麺類、バッタ、エンマコオロギ、米粒などを使ってもかまいません。釣針には2種類あります:黒漂斜走と速い移働で、普通は底釣りでよく見られる送り漂いを見せません。気圧が低くて酸欠の時、よくない浮釣します。底に沈んだ草の巣釣り人が多いイケスでは、魚は底に沈んでも顔を出さず、浮いた草も食べません。このような場合は、草縛りをして巣を作ります。草を刈ってきて、石やレンガを草の根に挟んで草束にし、釣り場に沈めます。巣を2 ~ 3個作ります。その後、個々の巣の動きを注意深く観察します。泡や草の破片が浮いてきたら、魚が巣に入って餌を食べていることを確認します。ただし、釣れた魚はすぐに別の場所に引っぱってしまうので注意が必要です。巣のところでぶらぶらしていてはいけません。一つは巣を驚かせないこと。もう一つは糸を絡ませて草の束に引っかけて逃げ魚になることも避けましょう。一匹か二匹釣るごとに巣をかえて、かわるがわる釣るのです。ルーチン餌の巣「ルーチン」とは、他の魚を釣って巣を作るのと材料や作り方はあまり変わりません。お菓子の粒をちらつかせてもいいですし、悪い餌をいくつか投げてもいいです。私の経験では、大きな餌で巣を打つほうが巣を投げるよりましです。「大きめ」というのは、魚が一口で食べてはいけないエサのことです。たばこの箱ほどの大きさに鋸のこぎりで割った豆餅や、蒸して作った麺のえさ(蒸らしてもこねず、硬い状態を保つ)を取って、手のひらほどの大きさで数枚ずつ投げます。この種のおとりの特性は、魚をおびき寄せても、口には入れず、水に浸かったかすだけを食べ、捨てるのも惜しくて、ぐるぐる回っているうちに、よりおいしい大きさのおとりを見つけると、魚は喜び、釣り人は得をします。ある時、釣り堀に釣りに行ったら、6、7人の釣り人がいました。蒸した麺えさを八、九個入れて巣を作る「手竿粕食釣法」で釣りをします。これは、私の理論を繰り返して、効果的な方法のまとめを探索し、その特性は:手のロッドは、ドリフト、生きて分銅です。分銅の重量は比較的大きいはずで、一つはフックを投げるのに便利で、軽いので力を入れて投げた時に餌団を振り落とさないようにします。もう一つは悪い餌が水に入って溶けて開くことで、釣り針が風浪の中で浮いて餌の巣から離れることがないように分銅が保たれていて、空鉤待魚状態を構成しています。鉤組は3本か4本で、脳線は等長で、線径は比較的細く、魚が鉤針を入口に吸い込むのに便利です。餌は炒めて作った香辛料ですが、少量をヨーグルトに入れます。乾燥度と粘度は必ずコントロールできます。乾燥しすぎては丸められませんし、薄めすぎては引っ掛かりません。粘りすぎると溶けにくく、粘りが足りないと崩れやすくなります。フックが崩れず、水に入ってから3 ~ 5分でほどけるのがベストです。上食取葡萄鉤上餌法です。餌が水に入って溶けると、釣り針は小さな餌屑の中に埋もれてしまい、魚が釣り針を噛んで「飲食」すると、釣り針ごと吸い込んでしまいます。釣り針には何の包み物もなく、尖った先端は魚の口の中に「くっつきやすい」ので、たとえ魚が違和感を感じても、それを吐くのが難しいのです。よって糟食を運用する時、魚がかじらない限り、かむかぎは多くかむ死かぎで、かぎを吐いて魚を遁せる現象はとても少ない発作です。釣りをしていると、釣り竿が水の中に流れていってしまうことがよくあります。慌てて釣り竿を引っぱってしまい、水の中で釣り竿を追いかけてしまうこともあります。その時は、大きな餌で巣を打って、粕食釣をしたのですが、釣れたものは、六、七人いましたが、なかなか私の半分も獲れませんでした。そのため、魚を生けた池の持ち主は正常な釣り代のほかに、更に10元のお金を加えなければならなくなりました。海竿「覓釣」はフナやコイに比べて、イワナの群れの習性が際立っています。草魚は普通は群れをなして泳ぎます。その上活働範囲が広く、巡行間隔が広いので、一つの池の中で、水草が目立っていなければ、あちこち歩いていると言えます。鮒のように一定の活動域にとらわれているわけでも、鯉のように敗残兵が多く、大勢の活動が少ないわけでもありません。草魚釣りは巣を作っても、一匹の群れを長続きさせるのは難しく、一匹や二匹で済んでしまいます。この特性を狙って、あっさりともぐらずに覓釣をすることが多いのです。何を探しますか?覓草魚群です。なぜ海竿で釣るのですか?海竿が遠かったために、捜索範囲が広くなり、捜し求めることが容易になりました。釣り竿を何本も使って、ひとつの釣り場を固定しておけば、引っ越しをせずに広いエリアを探すことができます。詳しい方法は:4-6副の海の竿で一定範囲の中で釣り針を分散して投げて、遠く、近くて、左、右、深くて、浅くて、辺、心に散らせます……どこかで魚をかじって、その群れがどこにいるのかを明らかにして、その中央に向かって「戦場を移せ」、「兵力を増やさせ」——何本かの海竿(必ずしもすべての海竿ではありません)を再起してその地域に打ちつける。そうすれば、その群れの中でそれを何匹か取ることができます。釣り道具は分銅や釣り針を使い、麺類はいくつかの角を作り、餌はトウモロコシの粉を火で炒めて香りをつけてから熱して作った軟らかい麺類で、とても効果があった。群れは移動が早く、一カ所に長く留まることはありません。どこかの釣り場にフックがなくなったら、分散して竿を打ったり、探りを入れたりして、別の場所を探します。魚の群れが見つかったら、急いで兵力を動かして、それを集めて取りに行きます……繰り返します。この「釣り針」は、魚がかかってくるのを待つようなポイント釣りよりも、はるかに漁獲量が多いのです。「受動から能動へ」というのは、釣りにおいても有効な法則なのです。私は何度かの草魚釣りで、この方法で多くの人を圧倒したことがあります。

推奨情報