言語

303現在のオンライン
165今日の読書
18今日のシェア
多言語ディスプレイ

歩歩驚心『闘魂世界』猟獣抄本資料詳解

2018-03-16 22:24:00

仕事の余暇にゲームをするのは、サラリーマンが最も望んでいるリラックスの方法ではないでしょうか。「闘魂世界」の便利なレプリカモデルは、この特別なニーズに適しています。

工具/原料です

ウェブページです

方法/手順です
1

サラリーマンにとって、ゲームに入ってすぐに体験できる「歩歩驚心(歩歩驚心)」のレプリカ戦闘はとても重要です。「闘魂世界」35級レプリカ猟獣林奥はそんなサラリーマンの要望に応えてくれます。一人でやる必要がある上に、闘魂世界猟獣林レプリカで巧妙な拠点布陣をしているので、装備もペットもあまり強くない新規プレイヤーにとっては虎穴に入ってしまい、一歩間違えば全敗です。

2

「獣の森レプリカ」は闘魂ワールドのプレイヤーたちが触れる最初の戦場PVEで、シングルモードのみです。このコピーは拠点構造になっていて、拠点を一つずつクリアしていき、最終的にボスの拠点になります。拠点間に距離があり、2つ目の拠点から見える範囲に入ると、次の拠点にモンスターが押し寄せてきます。モンスターが4体を超えるとレベル40以下では手が出せません。

3

兵士たちは、北から南へ向かって、6つの拠点のモンスターとボスを掃きます。ジャングルの歩哨——ジャングルの狩人——ジャングルの梟獣(ボス)——ジャングルの引き裂き手——ジャングルの守護者——ジャングルの預言者(ボス)。

4

「狩猟獣の森」は古代王室の庭園から生まれたもので、レベル35のプレイヤーは王室の洗礼を体験することができます。闘魂ワールドのメンバーは1日に2回、獣獣林に入る機会があり、主城にあるNPCからレプリカに入ることができます。レプリカには出入口が内蔵されており、自由に出入りすることができます。

5

「ハンターリン」レプリカへの侵入には、血の量と防御が重要です。もちろん、速戦速決で攻撃ダメージをアップさせることも不可欠です。初期段階の過剰装備として、過剰装備を作る必要はありません。戦闘中、群がっているモンスターに遭遇した場合は1人ずつ撃破します。

6

「猟獣林レプリカ」は闘魂世界における経験レプリカであり、経験収益を唯一の目標としています。レプリカを撃破するごとに経験値を大量に獲得できます。獲得経験値はプレイヤーのレベルに応じて決定します。レベル35からレベル40までは通常、「猟獣林レプリカ」を1回磨くだけで1ランクアップできますが、レベル40からレベル45までは2 ~ 3回磨くだけで1ランクアップできます。

7

プレイヤーのレベルが40に達した後、もう一つの驚きのコピー——火の祭壇もみんなのために開きます。これは闘魂の世界の2番目の経験のコピーで、戦闘は更に難しくて、戦闘力の要求は更に高くなります。「火の祭壇」レプリカは特にモンスターが多く、ボスも複数のレベルやレベルに分かれているため、チームを組んで戦わないとクリアできません。

推奨情報