言語

636現在のオンライン
1今日の読書
37今日のシェア
多言語ディスプレイ

霊点バーテン学校—花式`英式バーテンです

2018-03-16 01:36:00

イングリッシュ・スイング&メソッド1カクテル・スイング・徳利を使い、腕を振ることで様々な材料をブレンドします。2ブレンドしない材料でカクテルを構成し、シェイク方法を使用して調合します。3 .徳利の中の氷が早く溶けて、氷水で酒の味が薄れるのを避けるために、酒を振るスピードは少し早くします。撹拌法1撹拌法の特徴は、電動ミキサーを使って様々な飲み物を混ぜることです。2ホイップ法を使ったカクテルは、フルーツやアイスクリーム、フルーツなどが入ったロングドリンクが多いです。3お酒を飲むときに使う果物は、電働ホイップに入れる前に必ず小さく切ります。4最も重要な操作は:氷を砕いて最後に加えます。高速で電動ミキサーを20秒以上動かすと、シェード状のカクテルが出来上がります。ブレンドするカクテルの主材料と副材料を直接グラスに入れる方法で、ブレンドするカクテルは主にロングカクテルを作るのに使われます。2色の層のカクテルの調合方法も割りと法に属して、アルコール濃度の低い酒は下の層で、層が高いほど、使用のアルコール含有量が高くて、しかも多くはバーテンダーを使って、主な役割は流れを引くことで、棒の端はカップの内壁にかかっていて、酒はゆっくりと棒を通してカップの中に流れます。調合法1調合グラス、バーテンダーやスプーン、フィルターは調合法でカクテルを作るためには必須です。2調合法はブレンドしやすい材料で構成されたカクテルです。3氷片または1/2の氷は調合法を使用した最適な氷で形成されます。フラワーバーテンA.ボトルひっくり返し1-4(ボトルひっくり返しはフラワーバーテンの基本。左右の腕を使いこなします)B。手のひら横回転ボトルC.手のひら縦回転ボトル(手のひら横、縦回転ボトルは手首を使ってボトルの力加減を鍛えます)。D。ボトルを投げて一週半で注ぎます。E.カッティング。ボトルバック(ボトルを1週間半投げて注ぐ、カッティング、ボトルバックは、最も一般的なワインの注ぎ方で、左右どちらも上手に使いこなすことができます)。F。瓶を直立してG.瓶を直立して手の甲を立ててH.瓶を引いて一週(瓶を引いて瓶を鍛えて瓶を引いて手の甲の上に立つ時の手のバランスの技巧、要左、右手熟練して掌握します)I。表二週でボトルをめくるJ.表二週で逆さにする(正逆は、バーテンダーでよく使われる逆さにするテクニックです)K。瓶をつかむ(要求左、右手をつかむ熟練したマスター)L.手首は瓶をひっくり返すM.瓶の背後に直立しますN。後ろでひっくり返して2周してからボトルO.逆に手P.ボトル投げて1周手の甲立ててQ.後ろでボトル投げ(後ろ投げはフラワーバーテンの中でとても重要です)R。つなぎの動作は、S.腰回りでボトルを投げますT.腰回りでボトルを投げます手の甲でUを立てます。外向逆にV.瓶を投げて瓶の背後に手を打ちますW.頭の後ろに瓶を受けますX.瓶を転がします働作Aを組み合わせます。1+2ビンめくり2+3ビンめくり3+4ビンめくり1+2+3+4 bボトルを1週間半で注ぎます。直立起瓶甲立(60秒)+引き瓶(60秒)+ 2周引き瓶D.正面裏返し2周引き瓶+正面裏返し2周+ 1周半注ぎます。背後直立瓶+逆に手+裏返し瓶2周背接F.手投げ瓶1周立瓶+ 2周撤去瓶+背後投げ瓶手の甲立Gです。頭後方キャッチ+ロール+逆手+外向バックキャッチ+腰ドロップ+ターンバックバックキャッチバーテンダーにはまず情熱が必要で、バーテンダー業界では「良いバーテンダーはバーテンダーとイチャイチャができる」と言われています。

推奨情報