言語

369現在のオンライン
1今日の読書
37今日のシェア
多言語ディスプレイ

ちょっとした偏頭痛治療です

2018-04-26 14:24:45

片頭痛は血性頭痛で最も重要で一般的な頭痛で、脈拍と一致する拍動性または膨脹痛が現れます。片頭痛を上手に治療する方法を紹介します。1、こめかみを揉む朝、目が覚めた後と夜寝る前に、両手の中指でこめかみをもみます。7 ~ 8回もみ、逆に7 ~ 8回もみます。これを数日繰り返すと、片頭痛がだいぶ軽減されます。2、痛みをほぐす10本の指先を頭の一番痛いところに当て、髪をほぐすように軽くて速いマッサージを行います。毎回100往復、毎朝、昼、夕飯前に1回ずつ行うと痛み止めになります。3、熱湯浸手片頭痛の発作の時、両手を浸すことができて1つのポットのお湯の中で(水温は手が水に入った後に耐えることができる限界が宜です)、堅持して半時間ぐらい浸すことができて、手の血を拡張させることができて、脳の血液は相応に減少して、それによって片頭痛を次第に軽減させます。4、漢方薬は鼻を塞いでセンキュウ、白芝、炙り遠志の各15グラムを取って乾燥して、更に氷片7グラムを加えて、共に細くて粉になった後に瓶に入れて予備を作ります。片頭痛を治療する時、絹の布で少しの粉薬を包んで右の鼻を塞ぎます。普通鼻を塞いでから15分ぐらいで痛みが止まります。5、マグネシウムを含む食品を食べる偏頭痛患者は常にマグネシウムの比較的豊富な食品を食べるべきで、例えばクルミ、ピーナッツ、大豆、昆布、オレンジ、アーモンド、雑谷や各種の緑の葉野菜など、これは偏頭痛の症状を緩和するのに一定の効果があります。6、濃いミントティーを飲むミントの葉15グラムをティーカップに入れて、沸かしたばかりのお湯で5分入れてから服用します。朝晩1回ずつ服用してください。片頭痛の治療にも効果があります。

推奨情報