言語

514現在のオンライン
148今日の読書
12今日のシェア
多言語ディスプレイ

妊婦が聞く胎教音楽です

2018-02-17 17:36:00
1

音楽胎教は確かに、通常、柔らかい音楽は人の気持ちを楽にさせることができるので、私たちは音楽を選択するのは主に音楽が柔らかいかどうかではなく、彼が人の気持ちを楽にさせることができるかどうかを見て、体と心は、これは準母と胎児の両方が必要です。つまり、母親になる人や子どものニーズが変われば、音楽を選ぶニーズも変わるはずです。

2

実際、こんな反応をするお母さんもいます。音楽はもっと多元化すべきで、なぜならば、異なるメロディー、異なるリズムは自分自身と胎児に与える感じと影響は同じではありません。他のお母さんも同じです音楽を選ぶ時多く自分の感じによって、人がこの音楽が良いと言うのを聞くためではなくて、そこで聞くのが好きでなくても強要して聞いて、純粋に子供に聞くのだと思って、実はそうではなくて、主にやはり準お母さんにあなたに聞くのです。

工具/原料です
1

『ピーターと狼』です

2

「新大陸から」第二楽章です

3

ホトトギスのワルツです

4

≪山の魔王の宮殿にいます

5

「幻の曲です」

6

ウィーンの森の物語です

7

田園です

8

ラドスキー行進曲です

9

『子守歌』です

10

『四季』です

11

 です;

方法/手順です
1

以下、妊娠中のお母さんにおすすめの楽曲10曲をご紹介します。

2

一、プロコフィエフの『ピーターとオオカミ』——勇敢な赤ちゃんになります

3

二、ドヴォルザーク交響曲第九番ホ短調「新しい大陸から」第二楽章——淡い悲しみとホームシックです

4

三、ヨナルセンの「ホトトギスのワルツ」──鳥と戯れます

5

四、グリーグの「ペール・ギュント」組曲のうち「山の魔王の宮殿で」——力強さとリズムを感じます

6

五、ロベルト・シューマンの『夢幻曲』——夢の国です

7

六、ヨハン・シュトラウスの『ウィーンの森の物語』──緑の森を抜けます

8

七、ベートーベン交響曲第6番ヘ長調「田園」——自然の中で新鮮な空気を吸うことです

9

八、ヨハン・シュトラウス1世の『ラデスキ行進曲』——強いリズムと柔らかい線の美を感じます

10

九、ブラームスの子守歌——母の限りない愛です

11

十、ヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲「四季」——「春」です

注意事項です

音楽胎教はあまり直接ではいけなくて、詳しく言うと、準お母さんはプレーヤーをお腹の上に置いてはいけなくて、直接音波と振働をおなかに入ってきて、つまり、音楽胎教は音楽ではなくて、子供に騒音を感じさせてもいけません。主にお母さんに聞いてもらうことで、お母さんの心身の喜びを通じてホルモンの分泌がよくなり、胎盤などを通じて子どもに伝わります。胎児の発育環境を整え、神経系の発達を促します。

推奨情報