言語

1946現在のオンライン
165今日の読書
18今日のシェア
多言語ディスプレイ

口腔保健小方法です

2018-04-28 00:00:29

虫歯とは何ですか?虫歯(虫歯、虫歯とも呼ばれます)虫歯(虫歯)は、細菌が口腔内の炭水化物や糖と作用し、酸が発酵して歯の表面が脱カルシウム・溶解・破壊されることで虫歯の穴ができます。食べ物の種類が虫歯の発生に大きな影響を及ぼします。甘いものがやわらかくてべたべたしていたり、口の中に長く留まっていたりすると虫歯の原因になります。繊維質の多い野菜や赤身の肉を食べることで、歯面を機械的に摩擦洗浄することができ、歯垢の付着を抑え、ある程度虫歯を防ぐことができます。咬合面の点隙窩溝は、両歯が接する隣接面で、歯並びが詰まったり、ずれたり、重なったりします。義歯のカフが接するところ、接触不良のクラウンの縁のところは、プラークが集まりやすく、清潔でなく、虫歯になりやすい部位です。虫歯はどのように予防しますか。歯磨きは最低でも1日2回、できれば朝と寝る前に1回はします。2、フッ素入り歯磨き粉を使って歯を磨くと虫歯予防に効果的です。3、毎日デンタルフロスで歯間を掃除し、歯ブラシがつきにくい隣の歯垢を取り除きます。4、良い食習慣を身につける:キャラメル、チョコレート、デザート、アイスクリームなど甘くて粘り気のある食べ物を控えて、甘い飲み物を控えて、そしてできるだけ食事の前後に食べて、食べた後に必ず歯を磨くかうがいをします。5、定期的に(半年ぐらい)病院で口腔の健康検診とメンテナンスを行います。虫歯の治療:虫歯の予防と治療には、虫歯予防のための補助的な歯磨きが最も効果的です。朝晩の歯磨きを行い、口腔内の清潔を心がけましょう。

推奨情報