言語

698現在のオンライン
148今日の読書
12今日のシェア
多言語ディスプレイ

釣り術「水清ければ魚なし」ですか?必ずしも正しいとは限りません

2018-02-18 00:00:00

昔の人は、「水清ければ魚なし」と言いましたが、これは水が清ければ魚の居場所がなくなるという意味です。これは一見、もっともらしく、多くの釣り仲間が口にする有名な言葉です。この言葉は本当に正しいですか?

方法/手順です
1

水が清い魚がないとは限らない千島の湖の中に魚がありますか?千島湖には魚がいないと言う人もいないでしょう。つまり、「水清ければ魚なし」というのは、小さな溝や池などの死水区に対してのみ、大きな水面や川、湖、ダムなどの水域に対しては、水がどこまで澄んでいても、魚の活働があります。このようなきれいな水の中には、魚の種類が多いだけでなく、大きな魚も現れます。特に肉食性魚類が少なく、サッパ、鳡魚、パイク科、鲑、鳜鱼など、好きな清らかな水の中で生活している。

2

「渾水摸魚」はもともと老舎先生が彼の力作『四世同堂』の中で、あれらの混乱に乗じて不正な利益をかすめる人に対しての比喩ですが、釣り人は聞いて来た後で、渾水の中に魚がいることになりました。一方的にただ水が濁って、やっと魚が釣れて、魚が触ることがあると考えます。実際には、水が濁る原因は、環境汚染、砂泥過多、水生藻類植物の繁栄などに外ならないです。このような濁った水の中で、水の中で酸素を溶かす不足で、あるいは水の中で富栄養化して、有毒な有害な物質が水面に入るのですか。水の中に魚がいたとしても、釣れるわけがありません。酸素が足りない状態では、魚はほとんど生きられず、水面に浮上したり、泳ぎ回ったりして、餌を食べることができません。もちろん、例外はあります。夏に大雨が降った後の濁水池であれば、大量の新鮮な水源が水面に流れ込み、また多くの食べ物が水に入ってきたり、洪水で養魚池が流されたりすれば、特定の水域では自然に大量の魚が釣れるようになります。このような雨の後の濁水区と洪水の氾濫区は、釣りの良い場所です。いつもの濁り水なら、釣り仲間は考え込みます。

3

水が黄ばんでいる魚の満塘水色は青くて黄ばんでいて、あるいは少し緑、この水域を表現して魚の生存に適します。水がきれいすぎて微生物が少ないのです人々はよく「大魚は小魚を食べて、小魚は小エビを食べて、小エビは泥を食べて」と言って、実は、「泥」は食べてはいけない、いわゆる「小エビは泥を食べて」は小エビが泥底の中の微生物を食べて、これは自然の生態法則、生存の法則です。水色が黄ばんでいるのは正常な生態現象です。想像することができます:大きな魚の追跡、小さな魚の逃走、流れの転がる、風の波が吹いて、物質の味が変わって、すべて水の色の変化をもたらすことができて、魚はこのような環境の中で生活して、言うことができます食べることができて「遊ぶ」、隠れることができて、とても自在です。もし釣り人が野外で水色の黄ばんだ水域に遭遇したら、見逃してはいけません。水が黄色く澄んでいる水系は、フナやコイの生育に適しています。その原因は、生物連鎖のシステムがよく保たれていることに加え、ブリやコイの繁殖が早く、魚満塘現象が起こりやすいからです。

4

釣り経験のある人は、水辺に来ていないのに、その水域に魚がいるかどうかを知っていることがあるので、不思議に思うようです。彼らはテレパシーや神秘的な方法を持っているのでしょうか?答えは単純で、彼らにはテレパシーもなければ、神秘的なコツもありません。鼻であたりの匂いをかいでみるのです。水辺から生臭いにおいが漂ってきたら魚が動いているということで、まわりと同じ匂いがしているなら、その水には魚がほとんどいないということです。小さな例を挙げます。私たちは、野菜市場では、いくつかの生きた魚を買って家に帰って、洗面器では、しばらくの間、キッチンの臭いが出てきます。これは、私たちの人間と同じ魚も、空気中の酸素を呼吸するには、吐故新、食べて排泄するプロセスでは、魚の粘液、排泄物が水に溶けて、その魚の臭いが空気中に拡散します。釣り仲間の経験があれば、魚の匂いを嗅ぐことができます。臭みのある水域は大きな魚も多く、釣れるフナは0.25キロ以上、コイは1、2キロ以上、クロ、コンは2、3キロ以上です。だからある人は言います:「水は生臭いことを持って、魚は斤を過ぎます。」

注意事項です
1

釣りは人の根気を養うことができて、根気はまた心を養います。

2

好きですね

推奨情報