言語

1254現在のオンライン
148今日の読書
12今日のシェア
多言語ディスプレイ

【薬の説明書】注射用塩酸イダビシンです

2018-04-22 20:48:48

アントラビシン注射用塩酸【英称】アントラビシン成分】【性状】【作用種別】【薬理毒】アントラビシンはアントラビシン抗生物質であり、抗有糸分裂および細胞毒作用を有しています。この薬はアントラサイクリンであり、抗有糸分裂作用や細胞毒作用を有しています。その作用機序は、トポイソメラーゼIIに作用し、核酸全盛を抑制します。アントラセンの構造4位の変化はこの化合物に新しい脂質を与え、細胞からの経物摂取を増加させます。【薬物動態】静脈投与後、数分で、この薬は、細胞濃度のピークに達します。血漿半減期は11-25hrの間で、大部分の薬物は活性代謝産物を生成します。この代謝産物の除去はもっと遅く、血漿衰期は41-69hrの間で、ほとんどの薬は、胆腎臓から排出されます。ノルメトキシスロマイシンとアルコールは、有核血球と骨髄細胞の中で、血漿中より100倍以上高い濃度を示します。ノルメチシロイスロマイシンの細胞内での終活は約72hrです。【適応症】静注は急性非淋性白血病、急性リンパ球性白血病に良い治療効果があります。経口投与はフェホゼキント病、末期乳がん、多発性骨髄腫の緩和効果があります。【用法・用量】成人12mg/m2/日、急性非淋菌細胞性白血病、治療期間は3日、シチジンと併用します。別の方法としては、単独または併用で8mg/m2/日、静脈注射を5日間行います。急性リンパ球性白血病成人12mg/m2/日、治療期間は3日です。小児は10mg/m2/日で、治療期間は3日です。静脈注射です。推奨用量に基づいて、2クール後に60 ~ 80mg/m2の用量を投与します。上限はありませんが、心臓発作を起こさないがん患者の平均投与量は93 mg/m2です。【副作用】厳罰骨髄抑制や心臓毒性、致死性の感染症です。脱毛、吐き気、嘔吐などの胃腸の反応、特に口腔粘膜炎、3 ~ 10日の治療後に現れ、食道炎、下痢、発熱、寒気、発疹です。酵素とビリルビンが高くなります。この薬を使うと1 ~ 2日で尿が赤くなります。【禁忌】【注意事項】胃腸反応、脱毛、不整脈、心電図異常、慢性心筋症、骨髄抑制などです。[妊娠中・授乳中の女性への薬][小児への薬][高齢者への薬][薬剤相互作用]他の薬剤との併用で骨髄抑制を強めることができます。アルカリ性溶液で分解します。ヘパリンと併用すると沈殿が生じますので、他の薬剤との併用は避けましょう。【過量摂取】【規格】【貯蔵】密閉し、乾燥した場所で保存します。【処方しますか】{処方}

推奨情報