言語

303現在のオンライン
165今日の読書
18今日のシェア
多言語ディスプレイ

2日間のレジャー旅行です

2018-03-16 20:48:00

省都、亜熱帯モンスーン気候に属して、春秋の気候は心地よくて、夏は暑くて多く雨が降って、冬は寒くて乾燥して、そのため春秋は最も良い旅行期です。白楽天曽作詞:憶,最憶是。

工具/原料です
1

余暇の時間

2

カメラです

方法/手順です
1

一日目、湘湖です。駅から地下鉄1号線に乗って姉妹湖の湘湖(区)に行きました。駅を出て風情大道に沿って東南に行き、寺を経由して(興味のある方は入ってみてください)、引き続き大道に沿って湘湖に入ります。徒歩20分ほどですが、702や327でも湘里坊で降りることができます。

2

湘湖坊、順心亭、下孫古部を経て湖に出ると、緑の草が生い茂り、緑の深い底の見えない湖が広がります。湖に沿って歩いて、下孫船埠に来て、前進を続けて、前方の石のアーチ橋に足を踏み入れて、橋の上に立って、遠くから眺めて、深く浅い緑、山、水、木は渾然として一体のようで、いっそう湘湖は幾分静かな気韻を追加します。アーチの下には大きな岩があって、「点睛」と書かれています。道の両側には鉄の木やモウタケや名前のわからない木が植えられています。祖道亭に着いた時、ちょうど一組のカヌーチームに出会いました。先へ行けば城山広場で、石造の兵が二列に並び、石馬が車を引き、点将台を踏み、王城を越えます。道を進んで、敦頤亭に着き、サボテン橋、蓮花荘白鳥池を通り、黒白灰色の三色の白鳥(雁もいるそうです)が、湖の中を楽しそうに泳いでいます。湖跨橋を渡ると極地海洋公園と湖跨橋遺跡博物館があります。提案:湘湖の面積が広いので、時間がない場合は、船で遊覧することができます。

3

1。極地の海洋公園、チケットの220元/人です。園内にはアシカ、アザラシ、ラッコ、オットセイ、ペンギン、ホッキョクグマ、北極オオカミ、北極キツネ、イルカやクジラなどの海の生き物がいます。ホッキョクグマやペンギンを間近で見ることができます。2.跨湖橋遺跡博物館、無料です。跨湖橋遺跡の全景式壁画には迫力がありますが、骨や木、石、陶器なども多数出土しており、当時の人々の生活様式や住環境、文化の変遷などがうかがえます。見学をお勧めします。観光が終わったら、跨湖橋で515区間に乗って湘湖バス停まで行きます。そして地下鉄1号線に乗って杭幇菜に帰ります。アドバイス:酢魚、じゅんさい汁、肉、片児川です。

4

翌日、周辺です。無料です。水牛のいる石畳を進み、アーチ橋を渡って湖沿いの様々な模様の入った砂利道を進みます。湖のほとりにはシダレヤナギがたなびいていて、風が吹いて、湖面にはかすかな波の跡ができていて、遊覧船が通っているのが、大きいのか小さいのか、遠いのか近いのかわかります。湖のそばには休憩用の座席もたくさんあります。天地の表札に来て、橋を渡りますと、湖の岸の木鉢の中には明るい色をした得体の知れない小花や緑が植えられています。曲がりくねった石畳の道は、そよ風が顔をなで、傘を差したりサングラスをかけたりしている人たちが、とても気持ちよさそうです。晩香亭を通りかかると,亭の中では風が吹いたり引いたり弾んだり歌ったりして,とてもにぎやかです。斜め向かいの亭、地面の石の彫刻も面白いです。湖の中には一尾一尾の青褐色の小さな魚が見えます。その先に曲がり角があるのですが、五月になっても蓮の葉は見えませんが、二羽のアヒルが蓮の葉の間で遊んでいて、水は少し濁っています。

5

角を曲がっていくと、大きな木の下にハトがたくさんいて、リスが何匹もいて、とてもかわいくて、餌をやることもできます。その先には音楽噴水(朝10:00 ~午後15:30)があり、屋形船が並んでいるので、船に乗ってみるのもいいかもしれません。さらに進むと、銅制の学生像、義勇軍像があります。スターバックスを渡って数分、断橋に着きます。断橋は高台にあり、橋の右側にも片方があります。橋を下りて、白堤の両側の柳の糸は風に揺れて、湖水の中で意外にも一尾の魚を発見して、白堤に沿って秋月に着くことができて、秋月の斜向かいの小道で勢いを回って下りて、魯迅などの銅像を通ります、銅像の前に高い棒の小さい花があって、とてもかわいいです。林社、放鶴亭、梅の妻の鶴子林と靖の墓、柳亜子祭り馮小青墓題碑、西泠印社、慕才亭蘇小さい墓です。小さい墓の右側の公路の少し前の交差点で雷峰塔への観光バスに乗って、10元/人です。

6

雷峰塔、40元/人です。観光バスを降りて8分ほど歩くと、雷峰塔に到着します。放生池を過ぎると、切符売り場に出ます。チケットを購入してエレベーターで正門の南門に入ると、プラスチックガラスで囲まれた雷峰塔跡(旧塔は1924年に崩壊)に輝くコイン「地のれん」があります。さらに階段を上がれば、塔のてっぺんに出ることができます。塔のてっぺんの景色はとても美しく、ここからは美しい景色を一望することができます。お勧め:塔のてっぺんにはコイン望遠鏡がありますが、あらかじめコインを持参しておく必要があります。

注意事項です

適量の飲み水と体力をつけるための食べ物を持っています。

推奨情報